スナップアップ投資顧問は迷惑なサイト?利用した方が思う迷惑ポイントとは

スナップアップ投資顧問 スナップアップ投資顧問を知る

スナップアップ投資顧問を調べてみると、「迷惑」という言葉を目にすることがありました。スナップアップ投資顧問は有益な株投資情報を提供してくれるサイトとして有名ですが、迷惑となる要素があるのでしょうか。本当に迷惑なサイトであれば、参加したくないものです。迷惑と思われる部分には、理由があるようです。

スナップアップ投資顧問の迷惑を言われている真相について、様々な方向から調べてまとめてみました。

スナップアップ投資顧問は迷惑な株投資情報サイトなのか

 
スナップアップ投資顧問を調べると、「迷惑」という文字を見かけることがあります。スナップアップ投資顧問は、迷惑な株投資情報サイトなのでしょうか。

ご利用した方々が思った迷惑なポイントを、以下にピックアップして解説いたします。

ロスカットが多すぎ

 
ロスカットとは、株取引の際に一定の水準以上に損失が発生した際に、さらに損失が拡大することを防ぐために保有ポジションを強制的に決済することです。余計な損失を発生させないために、仕方のない執行といえます。スナップアップ投資顧問は、会員の皆様に損失を与えないために必要なタイミングでロスカットを執行します。いわば、仕方のないことといえます。中には、もっと早くロスカットの指示が欲しかったという声も挙がっているので、ロスカットの執行は取るべき最大の役割といえます。

無料会員でも個人情報を入力しないといけない

 
無料会員であっても個人情報を入力しないと、厳選無料銘柄は閲覧ができません。名前や電話番号を入力しないといけませんが、これは無料で利用できるシステムゆえに仕方のない事といえます。他の株投資情報サイトでは有料扱いになる情報も、スナップアップ投資顧問では無料で情報提供をしています。そのため、ある程度の個人情報を入力しないといけないことは、仕方のないことといえます。

少ししか騰がらなかった

 
担当者は1.5倍や2倍へ上昇するといいつつ、実際にはほんの少ししか騰がらなかったという声も挙がっています。しかし、株の高騰は時間をかけて行わないと、理想の数値まで上昇出来ない場合もあります。そのため、短期間の場合は少ない上昇にしかならないことは、仕方のないことといえるでしょう。担当スタッフとよく相談をして、長い目で投資をして結果を出していくことで、理想の高騰が期待できるといえます。

担当スタッフは専任のスタッフですので、会員の株投資に対する姿勢や思いを取り入れた上で、適切な判断をしてもらえます。よく相談をし、思いにピッタリの銘柄を紹介してもらって株投資をしましょう。

営業の電話がかかってくる

 
無料登録の際に電話番号などの個人情報を入力することで、営業の電話や知らない株サイトより電話がかかってくることがあるという、迷惑口コミを見かけます。これは無料会員のため、勧誘などの電話がかかってくることは仕方がないことといえます。電話には、特に出なければいけないわけではありません。そのため、知らない電話番号の場合はでなくても良いでしょう。

03の東京の電話番号から電話がかかってきますので、見慣れない東京の番号の電話には出ないようにすると良いでしょう。無料で様々な株投資情報を提供してもらえるので、勧誘などの電話がかかってくるのは仕方のない流れとなってしまいます。

スナップアップ投資顧問は迷惑な株投資情報サイトではない

 
スナップアップ投資顧問は迷惑という言葉について、様々な迷惑口コミをピックアップし解説しました。

確かに迷惑に思える部分もあるかもしれませんが、これはどの株投資情報サイトも同じことといえます。スナップアップ投資顧問だけに発生している迷惑ポイントではないので、勘違いしないようにしましょう。

これらの迷惑を改善させるためには、以下のポイントに注目してみましょう。

ロスカットの多さ

 
ロスカットは適したタイミングで行っているので、調整することは難しいです。逆に、ロスカットのタイミングをゆるくしてしまうと、多くの損を得てしまうことにもつながります。ロスカットは、株投資をしている会員を守るための大事な手続きとなるので、悪いように捉えないようにしましょう。どうしても気になる場合は、専任のスタッフに相談をしてみると良いでしょう。

個人情報の入力

 
個人情報の入力は有料会員は必ずしなければなりませんが、無料会員も場合によってはしないといけません。ご利用するサービスによっては、個人情報の入力が必要となります。

以下のサービスをご利用する際には、個人情報の入力が必要となります。

・無料銘柄相談
・激戦注目無料銘柄

この2つのサービスをご利用する際には、個人情報の入力が必ず必要となります。個人情報の入力を避けたい場合は、この2つのサービスの登録はしないようにしましょう。